夢想家

夢の続き

雨、逃げ出した後

少し前に、約2年半続けてきた部活を休部することになった。退部ではなく休部なのは、今後復帰する可能性を残しておくためである。ここでは、なぜ休部したのかを記しておきたいと思う。これは、誰かに読んでもらいたいからではなく、ただ自分の感情を吐露する場が欲しかっただけだ。そんなわけでダラダラと書いていくので気が向いたら読んでください。

そもそも今回休部をしたきっかけは就活で時間がなくなってきたからである。基本的に弓道の練習というのは毎日に近い練習をしていく必要がある。しかし、インターンとかが入ってきてそもそも練習することができなくなってきた。さらにできれば就活を優先したいが、不定期に突然就活の予定が入ってくることがあるため、部活を中途半端に続けることになって嫌だったというのがある。それでは、頑張ってる皆に悪いし、顔が立たないような気がした。

でもそれはあくまできっかけに過ぎず、理由ではないのかなと思う。忙しくても部活を続けることはできるとは思う。大変ではあるけど。それにもかかわらず休部という選択をしたのは、根本的に部活を続けたくはないという気持ちがあるからだ。ではなぜやめたいのかと考えると、結局弓道をやっている、あるいは部活をやっている自分が嫌いだったからだと思う。正直なところ、弓道は割と好きだった。結構やっていると奥が深いし、永遠にやりたいことがなくならない、やりこみゲーのような部分があって面白かった。中っていたら満足も得られるし、ストレス発散にもなる。さらにあまり中っていなくても、どうしたら中るようになるかを考えながら引いて色々試しているとちょっと楽しくなってくる。まあ世の中にはもっと面白いことがあるかもしれないが、結構楽しめるものだと思う。

でも弓道をやっている自分は嫌いだった。ある時期に、悪い癖が出て、なかなか抜けず、それを直そうとしているうちにそれに気を取られて色々他の悪いところが出てくるという泥沼のような悪循環に陥った。そのせいで思うように結果が出ないということがかなり長期間続いてしまった。最近はだいぶマシになってはきたのだが、それでなかなか高的中が出ない中で諦めずに練習している自分が嫌になった。ほぼ毎日数時間練習してその結果だと、時々虚しくなってくる。そのせいで、いつの間にか弓道をしている自分のことが嫌いになってしまった。弓道が嫌いではないのに、なんとも皮肉に思えてくる。

俺は、自分のことが嫌いであることが耐えられなかった。それはある種自分のことを客観視している癖の悪影響だ。でも、それをしている自分のことを好きになれるかどうかという基準は大事にしている。昔から、嫌われやすい性格で、誰かに好かれることがなかったから、せめて自分だけは、自分だけは、自分のことを好きであってあげたいと考えている。より言えば、そうでなくては生きていくエネルギーがなくなってしまいそうだった。だから、これ以上自分のことが嫌いにならないように、休部という選択肢をとった。

部活は大学一年の五月に始めた。そこからは少なくても毎週少なくても5日は練習に行った。休んだのは、二回あった年末年始の時ぐらいだ。部活を中心に大学生活がまわっていたし、部活を軸にして予定を組んでいた。部活のために、ものすごい数のものを捨てた。誘われても断ってきた。どの選択肢をとるにも、頭の片隅には部活があった。この大学生活は、部活ありきだった。そんな、いつも中心に据えていた部活を突然捨てた。ほとんど誰にも相談しなかった。負い目もあったと思う。自分の選択を、誰かのせいにしたくなかったのもある。幹部にメールをして、ミーティングをして、あっさりと理解していただいた。そして、そのまま、その日を最後に道場を後にした。最後に少しだけ諦めきれないように弓を引いて。そして、同期の誰にも言わずに、荷物をもって、部活を去った。その日の夜に、休部することだけ伝えた。理由は書かなかった。それが自分の美学であり、礼儀だと思ったから。悲しまれるのも、同情されるのも、嫌だったし、聞きたくなかった。誰かに理解されたくもなかった。

時というのは無情なほどに流れていく。最後だから、突然中るようにもならないし、最後だから、時が流れるのが遅くなりも速くなりもしない。ただいつもと同じように時は流れて、過ぎ去っていく。まるで、今までの大切なことがなくなったことにも気が付かないように。淡々といつもと同じように練習して、いつもと同じように「さようなら」と声をかけて、道場を出た。その言葉の重みにも目を伏せて。そして、いつもと同じように帰り道をたどった。その日の夜は、自分にとって部活とは何だったのかって考えた。色んなことがあって、とても大切な人に会って、様々なことを学んだ。入らなければ良かったって、何回も思った。数回なんてレベルではなくて、何百回も。でもそれと同時に入って良かったとも何度となく思った。結局、結論は出ないけれど。そして、いつも通り朝が来て、いつも通り大学に行って。部活はないけれど、それ以外は何も変わらない日常が始まった。自分の心は、見ないようにして。

いつか復帰するかはわからない。もちろん就活の事情もある。それ以外もある。また嫌になってしまうかもしれない。でも今日久しぶりに、ある同期にあった。戻ってこられるのか聞かれて、わからないと正直に答えた。そしたら、「戻ってくれたら嬉しい」って言ってくれた。それが本心なのかわからない。ただの社交辞令かもしれない。でも、少しだけ嬉しかった。だから戻るかもしれない。そこに、自分を好きに思ってくれている人が、自分以外にもいると信じて。