夢想家

夢の続き

食べること

皆さんは食べるのが好きだろうか?おそらく多くの人は好きだと答えるだろう。実際に食べるのが好きでないという人に会ったことはあまりない。美味しいものを食べたいとみんな言う。自分も、昔は食べるのが好きだった。少なくとも、好きだと思っていた。ここ…

ファッション論

ファッションについての自分の考えを整理してみようかと思う。最近またファッション系の本を何冊か読んでいることも原因で。 まず自分は服が結構好きである。高校までは私服を着て知り合いに会う機会がほとんどなかったから、正直あんまり気にしてなかったの…

優秀さ

どうも、パティです。優秀さについて書いてみました。 というわけで上は米津玄師のマネです。「どうも、ハチです。」ってやつ。砂の惑星を発表した時はまたこれが見れたのはうれしかった人もいるんじゃないでしょうか。なんかアーティストとかスポーツ選手独…

雨、逃げ出した後

少し前に、約2年半続けてきた部活を休部することになった。退部ではなく休部なのは、今後復帰する可能性を残しておくためである。ここでは、なぜ休部したのかを記しておきたいと思う。これは、誰かに読んでもらいたいからではなく、ただ自分の感情を吐露す…

陰キャ論

僕は陰キャである。これは普遍の真理だ。リンゴが落ちるのは重力のせいである、と同じくらいに。疑いようにない。もう小学生の時から知っている。友達100人に聞きましたってやってもほぼ全員陰キャですと答えると思う。陰キャ故に友達100人もおらんけど。ま…

めんどくさい奴

めちゃくちゃめんどくさい奴がいる。なんなんだよっていつも思うやつ。何か芯があるのかないのかわからない。それでいていちいち謎の論理で突っかかってくる。本当に面倒だ。まあ自分なんですけど。 自分自身から見ても、俺ってめんどくさい性格してるなと思…

子供の頃に想像してた「大人の自分は」…… もっとこう…… ブッ飛んでた!! 

小学校一年生のころ、小学校六年生はひどく大きく見えた。小学生のころ、中学生は格好良かった。中学生のころ、高校生は大人びていた。高校生のころ、大学生は大人だった。そして今、大学生を迎えて、就職活動を前に社会人がもう背中まで見えてきた。 でも本…

天才と天才になれなかった人たち

今日響という映画を観た。平手友梨奈が主人公の映画だ。ネタバレしないようにこれを話題に少し思ったことを書きます。 この話は、天才だが不器用な主人公と、天才を見つけてしまった人と、天才になれずに、でも努力でなんとかしようと必死にもがいている凡人…

祭り、エモさ

今日、最寄り駅からの帰り道で地元のお祭りを見た。小さな住宅街の、小さい神社の、小さいお祭りだ。まだそんなに遅くないのに、すっかり日が落ちた夏の終わりの暗い中で、ひしめいている屋台の光が輝いている様子を見て、ふと中学生の時のことを思い出して…

好きな曲

暇なので好きな曲をちょっと書くやつやってみます。順不同です。特に好きなのは太字で下線を引きます。

一ヶ月企画

就活が終わったら一ヶ月企画というのをやりたい。なんかYouTuberみたいだな。 一ヶ月企画というのは、一ヶ月何か一つのことに一心に取り組むという企画だ。実を言うと大学の単位は4年のSセメで多分取り終わって、卒論とかもないから、ゼミが2週に1回あるだけ…

ズレてる方がいい

のぼうの城という映画の主題歌にもなった、エレファントカシマシの「ズレてる方がいい」という歌がある。この歌での意味は少し違うが、生きるのにあたっては少しズレてる方がいいのではないかと思っている。 人間は社会的動物であると、どっかの誰かが言ったよ…

トリケラトプスに触りたい

トリケラトプスに触りたいと思ったことはありますか?僕は今までそんなこと考えたこともなかった。今日、BUMP OF CHICHENの「宇宙飛行士の手紙」を聴いていたら、「トリケラトプスに触りたい」という詞が聴こえた。今までも何回も聴いたことがある曲で、この…

平成最後の夏

今年は平成最後の夏だから。そんな謳い文句を今年はよく聞く。ついさっきも、『平成最後の夏の飲み』なるLINEグループができた。 まあ確かに今年は平成最後の夏になる。今上天皇が退位されるということで間違いない。それに夏という言葉をくっつけると、謎の…

自己紹介

自己紹介が嫌いだ 大学に入って、「自己紹介」をする機会が増えた。新しいクラスだったり、新歓だったり、あるいは就活だったり。なんなら今日もしてきた。しかも2回。 でも、どうしても「自己紹介」という儀式を好きになれない。「〇〇です。文Ⅱの〇組で、…

ブログはじめました

どうも、パティオです。 「冷やし中華はじめました」ぐらいのテンションのタイトルですが、ブログはじめました。 投稿したらツイートされるはずなので、気が向いたら読んでください。多分、大したことは書きません。でも、大したことないことが、時には自分…